オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

結婚式で渡す両親へ

両親

結婚式で準備が必要なものといえば式場や披露宴での料理や演出、そして出席者に手渡す引き出物などがあります。
しかし結婚式で二人にとって一番大切なものは、やはり新郎新婦のご両親へのプレゼントでしょう。
式が終わった後に披露宴でのサプライズとして新郎新婦からご両親へプレゼントを手渡す時の瞬間は、一生に一度の忘れられない場面になるに違いありません。
今まで育ててくれたご両親のためにも、心のこもった最高のものを手渡したいものです。
では披露宴で手渡すプレゼントには引き出物以外にどのようなものがあるのでしょうか。
海外旅行や国内の温泉旅行をプレゼントするのも良いですし、普段から両親が欲しいと思っていた品物を渡すのも良いでしょう。
でももっとサプライズでもっと印象に残るようなものを手渡したいと考えている人には、新郎新婦二人で作った手作りの品物を渡すのはいかがでしょうか。
手作りした品物に刻印を入れたり今までには照れくさくて言えなかった感謝の言葉を入れてみたりすれば、ご両親もきっと感涙されるに違いありません。

二人の心を刻んだ手作り

プレゼント

例えば1つの木の板から木工時計を3つ手作りさせてもらえる、「木の暮らし」という会社があります。
この会社は結婚式での引き出物をはじめとした木製の商品を取り扱っている会社で、お客さんが自ら手作りで木製の商品を作ることもできます。
1つの木の板から3つの時計を作ることで三連時計ができて、3つ並べると木目がきれいに合います。
ピッタリ合った木目は家族のきずなを意味して、末永くきずなを深めて共に生きていく証となるのです。
また時計の裏には記念日やメッセージを刻印することができますので、まさに世界で一つだけの心のこもったプレゼントが完成します。
ちなみに値段の方は木の種類やサイズによって違ってきますが、SサイズからLサイズまであり約30,000円から90,000円くらいの予算で出来上がります。
木はけやきやクルミ、すぎなどの丈夫で長持ちする素材を使用しますので少々値段はかかりますが、記念品にはふさわしいものです。
子や孫の代までも色あせたり劣化することはありません。
木の温かみを感じながら家族のきずなをより一層深めることができます。

プレゼントの選び方と渡すとき

結婚式の人形

両親に喜んでもらうためには、自分たちの好みで選ばずにギフトを考えることが何より大切です。
プレゼントの品は両家で同じものにしなければならないという決まりはないので、相手の好みや趣味に合わせてしっかり選びましょう。
さまざまな商品が並ぶ中で迷ってしまいますが、これだと思えるものが見つからなければ、本人に直接相談してみるという方法もあります。
披露宴での渡すタイミングは、感動の涙を誘うなら、やはり最後の締めくくりで贈呈するのが最適です。
両親への感謝の手紙を読んだ後、贈り物とともにひとこと添えて渡すと、感動的な場面でクライマックスを飾り、思い出深い結婚式になります。
披露宴の途中に渡すなら、プランナーと構成をよく相談した上で、自然な流れで行いましょう。
結婚式の中で最も印象的なシーンのひとつが、両親への感謝を伝える瞬間になります。
どんな記念品を贈っても、ふたりが選んだものなら喜んでくれるはずです。
育ててくれた感謝の気持ちを込めて、心に残る素敵なプレゼントを贈りましょう。